2011-04-26

アカウントへのアクセスを許可する - Gmail

アカウントへのアクセスを許可する - Gmail ヘルプ

この機能は、強力だ。1年以上前からリリースされていたようだ。




5年前にこの機能があったならば、、、個人的にです。
簡単に説明すると、両者が承諾すれば、Gmailの操作が、同じように出来るのです。
主な使い方は、共通するメールアドレスを、皆で共有して操作したり、
Aさんが外出するので、その間Bさんがメールの担当者になるとか、
会社で仕事しながら、自宅のアカウントを操作するとか、在宅勤務でサポートメールに対応するとか、
Aさんのメールを、Bさんに依頼して、Bさんが、Cさんに依頼してとか、、、たらい回しにされるとか、、、
ともかく、これは個人的にはすごい機能と驚きました。さすがGoogle。

2011-04-25

2011-04-24

Windows7 HomePremium, Administrator有効化

Windows7 HomePremiumでAdministratorを有効化する
ここからの引用
http://h50222.www5.hp.com/support/L1549A/os/120218.html

Windows7 Home Premiumの場合、
Administratorは無効化になっているので下記のように有効にする。

[スタート] ボタンをクリックします。

[すべてのプログラム] をクリックします。

[アクセサリ] をクリックします。

[コマンドプロンプト] をクリックします。


[C:\USER\(ユーザー名) >] と表示されますので、続けて [net user administrator /active:yes] と入力し、[Enter] キーを押します。

「コマンドは正常に終了しました。」 と表示されますので、続けて [exit] と入力し、 [Enter] キーを押します。

以上の作業で、Administratorアカウントを使用できるようになります。
※Administratorアカウント無効にする場合は、[net user administrator /active:no] と入力し、[Enter] キーを押します。

2011-04-23

2011-04-22

2011-04-19

Gmailの迷惑メール機能を無効にする方法


Gmailの迷惑フィルターは非常に便利なのだが、
場合によっては必要なメールまでも迷惑フォルダに入ってしまうことがある。


私の場合、2つのメールアカウントを持っていて、
1つのアカウントで、まとめて見るようにしているのだが、
もうひとつのアカウントの迷惑メール機能が有効なので、
メインのアカウントのところで受信できずに見過ごしてしまうことがある。
しかも、迷惑メールは、1ヶ月で削除されてしまうので、
うっかりなくなってしまうかもしれない。

私が使っている状況。

・メインのアカウント、仮にmain@gmail.com、ブラウザで通常ログインしている

・サブのアカウント、仮にsub@gmail.com、普段はブラウザでログインしていない。

メインのアカウントのGmailの設定には、
「設定」、「アカウントとインポート」、「POP3を使用したメッセージの確認」、
ここに上記のsub@gmail.comを設定してあり、
サブのメールが受信されるようになっている。

sub@gmail.comに、通常メールが届く → main@gmail.comに転送される
sub@gmail.comに、迷惑メールが届く → main@gmail.comに転送されない

このとき、sub@gmail.comの迷惑メールフォルダには、迷惑メールが溜まっていく。
そして、1ヶ月後、自動で削除されてしまう。
必要なメールも、迷惑メールになってしまうと、見過ごしてしまう。

そこで、下記のように、サブのアカウント、sub@gmail.comに、
全てのメールが迷惑フィルターに、かからないようにする。
設定方法は、意外にも簡単だった。

Fromのところに、*(アスタリスク)を入れて、「迷惑メールにしない」をチェック、これでOK。
PCに詳しい人ならわかると思いますが、アスタリスク=ワイルドカード=全部を通す設定です。




これで、通常なら迷惑メール扱いになるメールが、
そのままsub@gmail.comの受信トレイに受信される。下記参照。



そして、しばらくすると、迷惑フィルターがそのままのメインのアカウントを見ると、
迷惑フォルダに入ることになる。
これで、メインのアカウントを常に見ていれば、
迷惑フォルダに必要なメールが入ってしまっていないかチェックできる。

これは、あくまでも我流なので、この方法が逆に混乱させたりする場合があるので、
万人にはオススメできませんが。

---

2011-04-17

Gmail、インポート、エクスポート

Gmailで、連絡先をインポート、エクスポートしたときの備忘録。
インポート、エクスポート、どちらも、CSVファイルを使う。
エクスポートしたときは、ヘッダー情報とすべての項目が、ファイルに書き出されるが、
インポートするときは必要なヘッダーとデータ中身だけがあれば、インポートできる。
これは楽だった。
---
しかし、その後、いろいろ実験したら、名前と電話番号、この項目だけ作成して、
インポートしたら、うまくできなかった。
なので、一度エキスポートしたデーターに、ヘッダーそのままで、
データーを更新または新しいデーターを作成してインポートしたほうがいい。
そのほうが安全確実だった。
-----

2011-04-01